格調高い重厚感のある「木」のお宅にモリスを

重厚感ある木をふんだんに使ったお宅です。大きな出窓がさらに格調高い雰囲気を作り出している立派なお宅でした。

こちらの雰囲気に合わせて選んだのは、伝統ある織物メーカーの川島織物セルコンの織地のモリスのカーテンです。
川島織物セルコンの中でも、このモリスのシリーズをはじめとした品格のあるクオリティの上質なコレクションが「filo」です。

伝統あるモリスのデザインとカワシマの織技術が融合したファブリックはため息が出るほど素敵で、いつも仕上がりをうっとり眺めている私でした。

今回はモリスの中でも1番人気である「イチゴドロボウ」を選びました。

モリス「イチゴドロボウ」

モリス「イチゴドロボウ」

腰窓の出窓はプレーンシェードにしました。
イチゴドロボウの織地が一枚のタペストリーのよう。

モリス「イチゴドロボウ」

レースも同じく「filo」コレクションから。
繊細で柔らかな裾デザインのレースが上品でほっこりします。

モリス「イチゴドロボウ」

 

2Fの階段踊り場には、モリスデザインの「デイジー」のケースメントをさらっと1枚かけました。

モリスデザインの「デイジー」の

モリスデザインの「デイジー」の

なんとも優しいデイジーのデザインで装飾したこちらのスペースが、一番のお気に入りスペースなんだよとご主人。

「filo」コレクション

「filo」コレクション

こちらも「filo」コレクションです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加