40代ご夫婦。リビングはバーチカルブラインで。

こちらはご夫婦そろって私の仲良しお友達です。
そんなわけでお家の建てはじめ、早い時期から窓装飾のご相談をいただきました

 

「リビングの3つの掃き出し窓には、すっきりとバーチカルブラインドを入れたい」
というのが最初からのご希望でした。

バーチカルブラインドは、なんといっても縦長のすっきりしたフォルムが魅力です。
ですから、できるだけ高い位置から持ってきたほうが断然かっこいい。

設計の段階から打ち合わせを開始しておりましたので、天井に下地を入れ、白の木製のカーテンボックスも取りつけてもらうようにしました。

バーチカルブラインド

バーチカルブラインド

バーチカルブラインド

窓装飾の取り付けは、内装ができあがり、クリーニングも入った一番最後に行います。

どうしてもお家がある程度完成し、インテリアが想像できるようになってからカーテンを考えがちですが、設計の段階から窓装飾も一緒に考えてあげることで、選択肢が広がるんです。

お家を建てることを決めたら、まずはご相談くださいね

 

ちょこっとお遊び。
キッチンわきの小窓へのアプローチです。

奥さんのHちゃんいたっての希望で、こちらにはモリスの大人気デザイン「イチゴドロボウ」のプレーンシェードを。

「イチゴドロボウ」のプレーンシェード

「イチゴドロボウ」のプレーンシェード

薄いグレーのバーチカルブラインドがすっきりシンプルなデザインだからこそ、このようなアクセントが引き立ちます。まるで1枚の絵を飾っているかのような窓装飾です。

こちらのモリスは川島織物の織生地ですので、立体感があり、これもまた味わい深いです。

 

子供部屋には北欧ブランド「フィンレーソン」のゾウさんを。

壁紙にブルーを用いていましたので、水色のゾウさんを選択。

ですが小窓には、あえて同じものを使わず、異素材のグリーンのブラインドを枠内に入れました。

子供部屋には北欧ブランド「フィンレーソン」のゾウさん

子供部屋には北欧ブランド「フィンレーソン」のゾウさん

レースもゾウさんです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加