年配のご夫婦お2人の質の良いシンプルなものだけに囲まれたお宅に。

こちらのお宅。

実は昔、私が散歩途中で見かけてあまりにステキでしたので、こっそり外観を写真に撮らせていただいていたお宅でした(*^-^*)

今はご夫婦お二人で住まわれているこのお宅は、余分なものを置かず、奥様のセンスで質の良いシンプルなものだけに囲まれたお宅でした。

無地のカーテン作るときこそ、品質の良い生地を選びます

そんなお宅だからこそ、生地も質の良い無地を選びました。
無地のカーテンは柄でごまかせないぶん、生地の質感、ドレープの美しさがそのまま反映されます。

ですから、無地のカーテン作るときこそ、品質の良い生地を選びます。
シンプルだからこその美しさが感じられ、もしかしたらどんな柄物よりも味わい深いかもしれません。

無地のカーテン作るときこそ、品質の良い生地を選びます

無地のカーテン作るときこそ、品質の良い生地を選びます

無地の生地を使って少しモダンな感じを出したいときにおススメなのが、この「裾ボーダー」のカーテンです。

上下のお色の割合は4:1くらいがよくつかわれますが、これは好み、色、お部屋の周りとのバランスでベストなバランスを一緒に考えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加