WILLIAM MMORRIS「ウィリアム・モリス」

WILLIAM MORRIS
ウィリアム・モリス

洋服やバッグ・靴などにブランドやメーカーがあるように、カーテン生地となるファブリック・テキスタイルにも、いろいろなブランドメーカーがあります。
リビングサンアイは非常に多くのブランドメーカーを取り扱っているお店ですが、静岡県の西部地区で唯一のウイリアムモリスブランドの正規の取扱店でもあるんですよ!

ショールームの一角にはモリスコーナーを設けています。

ウィリアムモリスのショールーム

サンプル品も数多く取り揃えております。
先日東京から見えたお客様が

「東京でもこんなにモリスのコレクションを見られるところは少ないわ~」

とおっしゃっていたくらい。

 

ウィリアム・モリスとは

「ウイリアムモリス」は、近代デザインの創始者といわれるイギリスの芸術家・デザイナーです。
モリスってなんぞや?と思ってらっしゃった方。
そう人物の名前なのです。

ウィリアム・モリスとは

「美しいと思わないものを家においてはならない」

こんなセリフを言ってしまうモリス。
彼の草花や樹木、小鳥モチーフとしたデザインは150年以上たった今でも、みんなに愛されています。

150年以上もの間、同じデザインが同じように愛されて続けている。

モリスには、その歴史が物語るように、なんとも不思議な魅力があるようです。

 

人を魅了するモリスのデザイン

ショールームを訪れて、初めてモリスを見たお客さま。

「こ・こ・こんな派手な柄はとんでもないわ~~」

そうおっしゃっていたのに、2度3度と打ち合わせを重ねるうち、

「私、今はやっぱりモリスでいきたいと思っているの。」

と・・・。

そして、一度モリスでカーテンを作られたお客様は、その後もモリスのリピーターとなっていきます。

かくいう私も、出会ったばかりのころは、さほどモリスデザインを気に留めておりませんでした。
しかし、毎日ショールームで見ているうちに、今ではもうめちゃくちゃモリスを愛しています。

 

そうそう、以前放映されていたのキムタクドラマ「HERO」で登場する部屋の葉っぱの壁紙は、モリスの「ウイロボウ」というデザインですよ。

モリスの「ウイロボウ」というデザイン

 

この何とも不思議なモリスの魅力にどっぷりはまるために、みなさま、どうぞどうぞ、ショールームにモリスを見にいらしてくださいね~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加